AGA 若い 禿げ

まず円形脱毛症で無いことを確認してください。

円形脱毛症はAGA治療の範囲外と言うよりも、健康保険が適用できる保険診療の治療範囲なのです。皮膚科で治療すべきなのです。
なんでこんなことをわざわざ書くかと言いますと、悪徳AGA医院がたまにあるという噂があるのです。
どう見ても円形脱毛症で、健康保険で安く治療ができるのに、皮膚科なんてAGA専門医よりもたくさんあって気軽に受診できるのに、カウンセリングでAGAを臭わせて自分の「客」にしてしまう医者がいるというのです。
もしあなたが円形脱毛症でAGA専門のカウンセリングを受けた場合、良いAGAの医者はカウンセリングの段階で、あなたの症状は円形脱毛症だから当院での治療範囲外です、と、はっきり言ってくれます。そして皮膚科での治療を勧めるはずです。

 

余計なお金を浪費しないためにも、まず、円形脱毛症の判断と、AGAだった場合は複数の医者でカウンセリングを受けた上で、自分がかかり続けるAGA専門医の決定をしましょう。

若はげの原因はストレスもある

若はげの原因はストレスもあります。若はげの原因は生活習慣や遺伝などがよく挙げられますが、ストレスも一因になっています。
ストレスを抱えると、ホルモンバランスが崩れることになり、結果的に若はげを呼ぶことになります。

 

若はげは、ストレスからなることもあるので、できるだけ日常の中で、自分なりにストレス発散法を見つけなければなりません。ストレス解消ができれば、ホルモンバランスの崩れを予防することに繋がり、若はげを防ぐことができます。

 

最近の若い人は、子供のころから勉強、勉強で、若いのに、机に座りっぱなしと言うことが多いです。そうすると体の血流が回らなくなり、体の血の巡りが悪くなります。結果、血の循環が悪くなって、若はげになってしまうわけです。

 

最近では中学生の頃からストレスを抱えているケースが多く、勉強をストレスと思わない人でも、体は正直なもので、ずっとストレスを蓄積しているのです。
自分は何ともないと思っていても体は悲鳴を上げています。ストレスがなくなれば、若はげがすぐに治るわけではありませんが、少なくとも減らすことができれば、若ハゲ対策にはなります。

 

ちなみにAGAの原因をざっくり書くと、男性ホルモンが悪玉ホルモンに変化して発毛の仕組みを阻害するのが原因です。
別にたいしたストレスがなくても、高校生になった頃からAGAが発症する男性もいます。
十代でAGA専門クリニックに通う患者さんも居るそうです。

円形脱毛症はAGAではありません

よく間違う人がいますが、円形脱毛症はAGAではありません。円形脱毛症というのは、頭のどこかにポツンと硬化大の丸い禿げが出来るものを指します。
ただ、円形脱毛症には色々なパターンがあり、丸い禿げがあちこちにできる多発性円形脱毛症や、頭全体が禿げる全頭脱毛症、眉毛やまつ毛、陰毛まであらゆる毛が抜ける汎発性円形脱毛症などがあります。
そのため、どうししてもAGAと間違いやすいのです。では、円形脱毛症とAGAをどこで見分けるのかといいうと、円形脱毛症は、ストレスが原因で、年齢や男女に関係なくできます。
数か所にできたり、重症の場合、頭髪全体や頭部以外の部位に及ぶこともありますが、根本的にAGAとは違い、自己免疫機能と深い症状になります。

 

一方、AGAは、男性だけに見られる症状で、男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭細胞内で5α-還元酵素の働きでDHTに変換され、DHTが毛乳頭の受容体と結合すると、TGF-β1という因子が発生します。

 

この因子が細胞の増殖を抑制し、細胞を自然死させることでAGAになるのです。円形脱毛症もAGAも、脱毛には違いはないのですが、原因が大きく違い、治療方針も異なります。

 

 

 

 

銀座総合美容クリニック

 

銀座美容総合クリニック

 

東京・新橋。男女の薄毛療専門。患者は日本全国から来院、10代後半から40代前半の若年層が多い印象。カウンセリング無料。

 

ルネッサンスクリニック

 

ルネッサンスクリニック

 

全国展開の男女の薄毛のクリニック。多彩な治療。無料カウンセリングは医師が直接あなたの髪の状態を診断してくれる。

 

HARG治療センター

 

HARG治療センター

 

東京・新宿。男女の薄毛に。医療毛髪再生HARG(ハーグ)療法専門。有料カウンセリングは相談する価値がある。