AGA 治療 薬

プロペシアの副作用はごくわずか

育毛剤の成分でよく使用されているのがプロペシアですが、副作用が懸念されています。よくいわれているのが、性欲減退や性機能障害などです。
ただ、こうした副作用が出るケースは稀で、全体の4%程度と言われています。実際に使用して副作用が出た人はほとんどいないということです。

 

ミノキシジルは初期脱毛がある人は薬が効いている証拠なので、そのまま使い続ければかなり生えてくるのですが、辞めるとリバウンドがあるので一生使う覚悟で始めないといけません。

 

プロペシアは、AGA改善のための飲むタイプの医薬品になります。
プロペシアを飲んでいるのに抜け毛が増えたと思ったら、それが初期症状になります。
飲んで2ヶ月くらいするとこうした症状が10日間くらい続きます。大事なのは、ここで飲むのを止めないことで、止めてしまうとプロペシアの育毛効果を実感できなくなります。

 

長期に渡って服用すると、肝臓にダメージを与え、肝臓の働きが低下する恐れがありますが、事前に医師の診察を受け、肝臓の状態を把握してから服用すれば大丈夫です。
プロペシアで副作用が出る人は少なく、実際の数字より多く障害が出たという報告はありません。

ミノキシジルを飲むと体毛が濃くなります

ミノキシジルを飲むと体毛が濃くなるといいますが、これは本当なのでしょうか。これは実際に本当の話で、効果の高い育毛剤は、どうしてもそうした副作用があります。

 

ミノキシジルには、飲むタイプと塗るタイプがあるのですが、飲みタイプを服用すると、体毛が濃くなります。
特に、フィナステリド剤と一緒に飲むと、かなり体毛が濃くなります。ミノキシジルは、容量が多くなるほど体毛が濃くなり、10mgを飲むと全身の毛が濃くなってくるので注意しないといけません。
体毛が濃くなるのは、髪の毛だけでなく、腕毛や足毛がかなり濃くなり、顔毛、鼻毛、耳毛、腹毛、背毛など全身の毛が全体的に濃くなってきます。

 

ただ、常に濃いわけではなく、濃い時と薄くなる時があるので、年中ずっと濃いというわけではありません。
いずれにせよ、ミノキシジルを飲むと体毛が濃くなるのは事実で、濃くなると腕や足を露出するのが憚られます。
AGAクリニックで薄毛治療をすると、体毛が濃くなるというのはセオリーで、多くの人がそう証言しています。ミノタブやフィナを飲む場合は、体毛の処理も考えなければなりません。

 

とはいうものの、ミノキシジルを外用薬で使うと、塗布し忘れる患者さんが多いようです。
せっかくの外用薬なのに、面倒くさがってしまうのだそうです。するとせっかくの治療も全く意味が無くなってしまうので、内服(飲み薬形式)で処方するAGAクリニックが多いようです。

 

 

 

 

銀座総合美容クリニック

 

銀座美容総合クリニック

 

東京・新橋。男女の薄毛療専門。患者は日本全国から来院、10代後半から40代前半の若年層が多い印象。カウンセリング無料。

 

ルネッサンスクリニック

 

ルネッサンスクリニック

 

全国展開の男女の薄毛のクリニック。多彩な治療。無料カウンセリングは医師が直接あなたの髪の状態を診断してくれる。

 

HARG治療センター

 

HARG治療センター

 

東京・新宿。男女の薄毛に。医療毛髪再生HARG(ハーグ)療法専門。有料カウンセリングは相談する価値がある。